「技術解体新書」レビュー・感想【風間八宏監督】

スポンサーリンク

「技術解体新書」について

  • どんな本なの?
  • レビューや感想が知りたい!

という方に向けて、実際に本書を読んだ私がレビューや感想を本記事にまとめました。

風間監督の考えを知りたい方サッカーの技術に関して新たな発見を得たい方におすすめです。

サッカーにおける細かいテクニックを書いたものではなく、サッカーの技術を活かす上での本質に迫った興味深い本になっていますよ。

 

 

スポンサーリンク

「技術解体新書」はどんな本?

風間八宏監督の脳内に迫る

「技術解体新書」とは、選手としてサンフレッチェ広島でプレーし、監督として川崎フロンターレを指揮した経験を持つ風間八宏さんによるサッカーの技術本です。

  • 「風間語」
  • 「風間理論」

という言葉ができるほど、サッカーに対する深い洞察力で知られる風間監督の脳内を覗くことができます。

サッカーの技術に関するトピックだけでなく、風間監督の選手時代に遡った話も載っているので非常に興味深い一冊となっています。

もう1人の著者である西部謙司さんがガイド役となって、風間監督の考えに迫っていく形式をとっているのが本書の特徴。

とは言っても、サッカーの本質を理解している風間監督の言葉自体が非常にわかりやすい説明になっているので、読み進めるのには全く苦労しません。

少しでも本書に興味がある方であれば、誰でも気軽に楽しむことができますよ。

 

スポンサーリンク

「技術解体新書」レビュー・感想

本書を読んで私が感じたこと、印象的だった部分について触れていきたいと思います。

プレーヤーにもおすすめな技術本

本書は一般的な技術本とは違って、技術に対する考え方が非常にわかりやすく記されているのを強く感じました。

プレイヤーとして基本的な技術を備えていることは前提とし、その技術を相手に対して「どのように使っていくのが効果的なのか」がしっかりと言語化されています。

その技術を習得する上で大切なのが、

感覚→言語化→感覚

のフローだと。

何気なくやってうまくいっていることを言語化し、その言語化したものをまた感覚に落とし込んでいく作業が重要。頭の中で自分がやっていることをしっかりと認識する必要があるのです。

実際に風間監督が川崎フロンターレを指揮していたとき、ただでさえ活躍していた当時の大久保嘉人選手に、持っている能力の使い方(感覚でやっていたことに対する認識)を指導したことでさらに急成長したと言っていました。

プロの選手でも全員が自分の能力を正しく認識できているわけではない。個人的にこれは本書から得た大きな発見でした。

もちろんある程度の技術レベルを擁しているからこそ効果的ではあるのですが、それでも「認識」を持っておくことに越したことはないはず。

本書ではその貴重な一部分に触れることができます。

 

ボール保持を好む風間監督の考え方

風間監督はボールの主導権を握る戦い方を好む、いわゆる攻撃的なサッカーを展開する監督です。

その理由をざっくり説明すると、ボールを保持していることで敵より先にアクションを起こすことができるから。

サッカーというスポーツは、ピッチ上にある1つのボールを敵が守るゴールに入れることを目的とします。なのでそのボールを常に保持し、自分たちの思うようにコントロールしてゴールを決めることが究極の理想であり、勝利の可能性が高くなります。

それに対してボール非保持側は保持側の動きに合わせる形で対応する、いわばリアクションのサッカーになるのです。

本書で風間監督は「敵の一歩」という言葉を多用しているのですが、これは「敵の動きがこちらの動きの合図になる」ということ。つまり、後出しで攻めを繰り出せると風間監督は言っているのです。

非常に合理的であり、個人的に何も言えなくなってしまうほど納得させられてしまったのがこの風間監督の考え方。

それに伴う技術レベルや攻撃の落とし込みは必要になってくるのは間違いないのですが、この考え自体には納得せざるを得ませんでした。

 

攻撃はプレーヤーの能力次第はウソ

「守備は構築することができても、結局攻撃はプレーヤーの才能次第」

風間監督はこの考え方に対して異論を唱えています。

「崩し方を知っていれば、攻撃でもあっても個人能力にさほど依存しない」というのが風間監督の考え方。この「崩し方」を知っているか否かであると語っています。

その「崩し方」に関する発言で個人的に印象的だったのが、敵の守備を”組織”として捉えるのではなく”1人”を崩すものとして考えることでした。

その根拠として、結局ボール周りにいる敵は数人に限られ、その敵の守備力がいくら高くても人間の身体には構造上限界があるというもの。絶対に反応できないタイミング・場所があると風間監督は断言しています。

 

スポンサーリンク

まとめ

「技術解体新書」のレビューや感想をまとめました。

本書を通して強く感じたのは、「言われてみればそうだな」と気付かせてくれるのが風間監督であって、そうなるのも風間監督自身がサッカーに対する本質を理解していてそれを言語化しているから。

個人的に学びの多かった一冊でした。

 

タイトルとURLをコピーしました