【体験談】大学生の私がオススメする台湾旅行に必要な持ち物18選

トラベル
スポンサーリンク

 

こんにちは、あおにわです。

 

あおにわ
あおにわ
  • 台湾旅行に行くけど、必要な持ち物がわからない。
  • あったら便利なものは何?

 

これらの疑問を解決します。

 

実際に台湾旅行を経験した私が、

  • 必ず必要な持ち物
  • あると便利なもの

について、体験談などを基に紹介します。

 

渡航前は少なからず不安があるでしょうが、この記事を読んでおけば一安心!

あなたの持ち物整理に役立つこと間違いなしです!

 

本記事では「大学生の私がオススメする台湾旅行に必要な持ち物18選」について解説していきます。

 

スポンサーリンク

台湾旅行に必要な持ち物

必ず必要な持ち物

ここでは、台湾旅行にいくのに必ず必要な持ち物を紹介します。

 

パスポート

「言われなくても分かってるわ!」って感じの持ち物ですけど、本当に忘れたらシャレにならないので、あえて挙げさせていただきました。

これがないと日本すら出国できないので、家を出る前はしつこく確認しておきましょう。

また、現地でも失くすことのないように肌身離さず持っていてください。

 

パスポートのコピー

もし仮に現地でパスポートを失くしてしまった場合、日本大使館などで手続きをしなければなりません。

その際にパスポートをコピーしたものがあると、身分を証明する上でスムーズに手続きなどが進むので必ず所持しておきましょう。

心配性の私は、コピーでさえ2枚とっておきました。

 

eチケットの印刷

チェックインの際に必要なので、これも絶対に持っておきましょう。

スマホの画面でeチケットを見せれば平気な場合がほとんどですが、スマホの充電切れといった万が一の時ために紙に印刷したものも所持しておくと安心です。

 

また、複数人で旅行に行く際、eチケットを全員で共有しておくことをオススメします。

 

私の場合、台湾ではなかったのですが、入国審査の際に提示を求められました。

eチケットを発行したのは連れの友人であったため、その場ですぐに提示できず一度弾かれてしまい、先に入国審査を終えた友人と離れ離れに。

少しテンパりましたが、運よく携帯が繋がったので友人にすぐ連絡をとり、eチケットの印刷を境界部分で受け取ることに成功しました。

 

長い列を並び直したり、友人が気づかず携帯も繋がらないなんて状態になったらかなり面倒なので、あらかじめ確認しておきましょう。

 

現金

ここ最近は世界的にキャッシュレスの傾向にあり、「現金を持ち歩かなくても平気だ」という風潮になりつつあります。

特にスリなどが多発する日本国外では、なおさら現金を持ち歩くのは危ないと言われています。

 

とはいっても、台湾ではある程度の現金を持ち歩くことをオススメします。

やはり、あちこちでキャッシュレスが騒がれていてもローカルな場所ではまだまだ浸透しきっていません。

特に夜市などが有名な台湾では、現金での決済が求められることがほとんどです。

 

せっかく欲しいものを買おうと思ったのに、「現金持ってない…」なんてことになったら萎えますよね。

 

クレジットカード

と言いつつ、やはり現金と一緒にクレジットカードも持っておく必要があります。

  

  • 換金の手数料が取られない
  • 決済が簡単
  • 海外キャッシングでいざとなったら現地で現金を引き降ろせる
  • 海外旅行保険が付いている

以上のようなメリットがあります。

 

空港などで日本円から台湾の通貨に換えようと思うと、少なくない手数料を持って行かれてしまいます。少しでもお得にお金を使いたいなら、クレジットカードがオススメです。

 

そして決済が簡単。

見慣れない通貨で支払おうと思うと、どの紙幣がいくらかわからず支払いに時間がかかってしまいます。その煩雑さをクレジットカード決済でなくすことが可能です。

 

また、現地でどうしても現金が必要になった時、海外キャッシングに対応しているカードであれば近くのATMで台湾の通貨で現金をゲットすることができます。

あおにわ
あおにわ

これが結構便利でした!

 

クレジットカードによっては、海外旅行保険が付帯されているものがあります。

ネットから5,000円くらい払って加入することもできますが、やはり少しでも旅行費用は抑えたいですよね。

そんな時は、お手持ちのクレジットカードが海外旅行保険にどの程度対応しているか調べてみましょう。

カードによって付帯のされ方適用限度額などが変わってくるので、ここはしっかり調べておくことをオススメします。

 

着替え

渡航する季節によって枚数の違いは多少ありますが、収納するバッグやスーツケースに余裕がある場合は3泊4日ぐらいだったら日数分を持っていけば平気かと思います。

  • 夏だったらTシャツとかは気持ち多め。
  • 冬だったらTシャツは少なめで、羽織れるものを持っていくなど。

 

また、荷物を少しでも減らしたい場合は「洗濯セット」とか持っていくと便利です(後ほど解説します)。

 

 

タオル

バスタオルは宿泊先で用意されていることが多いと思うので、あまり気にする必要はないと思いますが、ハンドタオルのような小さめのものは持っておきたいです。

外を出歩いているときに汚れてしまったり、急な雨などで濡れてしまったりした場合に持ってないとかなり不便です。

 

 

また、オススメなのがこちらの速乾タオル

使った終わった後に洗ってもすぐ乾くので、かなり重宝しますよ。

 

歯ブラシ・歯磨き粉

もしかすると歯ブラシ・歯磨き粉も宿泊先で用意されているかもしれませんが、正直言って良いものではありません。

私もホテルで用意されたものを使用してみたところ、使用中に歯ブラシの毛が抜けたりとあまり良い思いをしませんでした。

できれば、ご自身が自宅で使い慣れているものを持っていくのがベストだと思います。

 

シャンプー・ボディソープ

シャンプー・ボディソープも宿泊先にあるかもしれませんが、もちろんこちらも良いものではありません。

少しでもこだわりがある人は持参する必要があります。

 

海外旅行の際は「軟水か硬水か」で日本のシャンプーが使えない場合がありますが、台湾では普通に使えました。

 

また、そこまでシャンプー・ボティソープにこだわりがない場合は現地で調達するのも一つの手です。

 

小さめのバッグ

衣服などの荷物をパッキングするバッグやスーツケース以外に、現地で出歩く用に少し小さめのバッグが必須です。

 

 

財布やパスポート、飲み物、雨具などを入れておくのに使います。

台湾でもスリには気をつける必要があるので、リュックよりも荷物を自分の前側にもってこれるショルダーバッグのようなものにするとより良いでしょう。

 

あると便利な持ち物

ここからは、台湾旅行にあると便利な持ち物を紹介していきます。

 

雨合羽

夏場など、スコールが多い言われている台湾。

スコール」とは

→急な天候変化による雨や風など

 

ホテルから外に出るときは晴れていても、観光中にスコールに見舞われることが少なくありません。

そんな時に持っておくといいのが雨合羽です。

 

〈折りたたみ傘より雨合羽がオススメな理由〉

  • 濡れない
  • バッグに入れておきやすい
  • 身動きが取りやすい

 

個人的に、以上の理由で折りたたみ傘より雨合羽をオススメしています。

 

南京錠

南京錠は持っておくと安心ですね。

ホテルなどの宿泊施設を出る時は、衣服などの大きな荷物を入れたバッグやスーツケースに鍵をしっかりかけておくといいでしょう。

正直、私はルームクリーニングのために部屋に入ってくる清掃のおばちゃんですら疑っていたので、部屋を出る時は必ず南京錠を使って鍵をかけてから。

 

「最低!」と思われるかもしれませんが、何かあってからでは遅いので、あまり人を信用しすぎないようにしていました。

 

あおにわ
あおにわ

こんな観光客の部屋を掃除してくれて、おばちゃんありがとう…

 

 

モバイルバッテリー

やはり異国の地ですから、スマホでマップを見たり、ネットで調べ物をしながら移動することが多くなります。

そんな調子でずっとスマホを使っていると、「気づいたら充電が結構減ってた」なんてことはよく起こります。

外出中に頼りのスマホの充電が切れるのはどうしても避けたい事態。

モバイルバッテリーを持っていない場合は、この機会に購入しておくことをオススメします。

 

モバイルバッテリーと言われても、種類が色々あってよく分からない…

大丈夫です。

ここでは私が普段愛用しているものをご紹介します!

 

これを持っておけば、まず安心でしょう。

このモバイルバッテリーをフル充電にしておけば、iPhoneXなら約3回分充電することが可能です。

 

帽子

ズボラな私がかなり重宝したのが、この帽子。

出かける前に髪をセットする習慣のない私にとって、この帽子は寝癖を隠すことのできるスーパーアイテムとなっていました。

 

私はホテルの予約時にシャンプーとボディソープが用意されていることを確認したので、持って行かなかったのですが、実際に使用してみると髪はゴワゴワに。

朝起きると髪はボンバーしていましたが、何とか帽子でごまかしたって感じです。

 

それ以外にも、夏場などは台湾は日差しが強かったりするので、個人的に持って行ってよかった持ち物の一つです。

 

お手拭き

お手拭きは実に様々な場面で役に立ちます。

台湾で有名な夜市で食事をする際は、外で食べ歩きになるので、衛生的に持っておく良いものです。

また、観光地である十分(シーフェン)ランタンを上げようと思うと、文字を書く際はを使用するので手が汚れる場合があります。

汚れるたびにお手洗いを探すのはかなり面倒なので、常備しておくとかなり便利です。

 

洗濯セット

 

3泊以上される場合はあるとかなり便利です。

洗濯しても干す場所がなかったり、適当に干して乾かなかったりすると結構たいへん…

特に夏は、Tシャツとか一回着て外を歩くだけで汗をかきまくるので、すぐに洗濯しておきたいところ。

加えて、洗濯の回数を増やせば荷物も減るので、単純に荷物は軽くなりますし、お土産を入れるスペースを確保することが可能です。

 

消臭スプレー

洗濯するのはめんどう…

という場合は、消臭スプレーを持っておくといいでしょう。

 

 

夜市に行くと、外で食材を調理しているため服が煙で臭くなってしまいます。

洗濯をせずにまたその服を着用するのは、なかなか抵抗ありますよね…

 

消臭スプレーに関しては、私が持って行かなくて後悔した持ち物の一つです。笑

 

携帯ウォシュレット

これが意外に大事!

現地のトイレペッパーは硬い材質であることが多々あり、柔らかい材質のペーパーに慣れている日本人のお尻には優しくないかもしれません。

トイレぐらいはどこの地に行っても快適に済ませたいですよね。

持っておいて損はない持ち物です!

 

携帯用ウォシュレット

 

スポンサーリンク

台湾旅行に必要な持ち物まとめ

本記事では「大学生の私がオススメする台湾旅行に必要な持ち物18選」について解説しました。

「必ず必要な持ち物」はもちろんのこと「あると便利なもの」まで私の体験談を基に紹介したので、どれも強くオススメします。

せっかくの台湾旅行ですから、苦い経験や失敗はしたくないですよね。

 

備えあれば憂いなし

 

あなただけの台湾旅行を、ぜひ素晴らしいものにしてください!

タイトルとURLをコピーしました