【650→845点】スタディサプリTOEICが効果抜群だった話。メリット・デメリットも紹介!

その他
スポンサーリンク

 

スタディサプリTOEICは効果があるの?

 

こんな疑問を解決します。

 

TOEIC対策としてスタディサプリTOEICを利用した私ですが、効果抜群でした。

TOEICで高得点を狙うのに、スタディサプリTOEICの利用を迷っている」という場合に強くおすすめしたい教材です。

 

昔の私
  • 大学受験レベルの英語力
  • 大学1年時に受けたTOEICスコアは480点
  • 大学2年夏に650点
  • TOEICの参考書多すぎて選べない

 

TOEIC本番の2ヶ月前に勉強をはじめ、それと同時にスタディサプリTOEICの利用を開始しました。

多い日は3時間、少ない日は30分でも勉強をほぼ毎日継続。

その結果、こんな私でもスタディサプリを利用してTOEICのスコアを650→845点に上げることができました。

 

 

本記事では、スタディサプリTOEICのメリット・デメリットや、使ってみて効果抜群だった話をします。

 

スポンサーリンク

スタディサプリTOEICのデメリット2つ

 

スタディサプリTOEICのデメリットについて解説します。

 

料金が高い

スタディサプリTOEICのデメリットの1つは料金が高いこと。

 

1ヶ月プラン6ヶ月パック12ヶ月パック
料金(税抜)2,980円16,680円29,760円
月額換算2,980円2,780円2,480円

「6ヶ月パック」か「12ヶ月パック」を選べば、月額換算で少しお得に利用できます。

しかし、それでも「月額で払うにしては高い」というのが本音。TOEICの参考書を毎月新しく買い足しているような感覚です。

 

利用期間が長くなる分だけ料金も増えるので、短期集中で利用するのもひとつの手。

参考書をたくさん買うより安く済む場合もあるはずです。

 

本番のテスト感覚がない

スタディサプリTOEICでの勉強はパソコンやスマホを利用したオンラインでの学習です。

もちろん便利な側面もありますが、本番のテスト感覚がないことがデメリットに挙げられます。

 

TOEICの本番は、問題冊子をめくりながらペンを持ってマークシートを塗りつぶしていくやり方であるため、パソコンやスマホで問題を解く感覚とは異なります。

オンライン学習で知識や経験は身につきますが、本番と感覚が違うのは不安な部分です。

 

スポンサーリンク

スタディサプリTOEICのメリット6つ

 

スタディサプリTOEICのメリットについて解説します。

 

基礎的な文法や単語も学べる

スタディサプリTOEICでは基礎的な文法や単語も学ぶことができます

動画講義付きの講座が用意されているため、不安な部分の確認や一から勉強し直しておきたい場合には非常に役立ちます。

単語勉強では、間違えてしまった単語や覚えるのに苦労する単語は自分でチェックしてまとめておけるので、効果的な学習をすることが可能です。

 

問題演習が豊富

スタディサプリTOEICはとにかく問題演習が豊富です。

TOEIC対策において問題演習は非常に重要で、「英語の勉強をする」というよりは「TOEICの勉強をする」という感覚。

TOEICでは出題形式がほぼ決まっているため、それにあった対策をする必要があります。

逆に、その出題形式にあった対策をしっかりしていれば得点アップに繋がるのが特徴です。

 

リスニング対策も簡単

リスニング対策も簡単にできてしまうのがスタディサプリTOEICの特徴です。

市販の参考書にはリスニング用に別でCDが付いていますが、CDを取り出して再生するのが面倒だったりします。

スタディサプリTOEICならCDのセットも必要なく、オンラインの講座上にあるリスニングの再生ボタンを押すだけで簡単に対策することが可能

特に「リスニングが苦手」という場合には、非常に嬉しい部分です。

 

動画講義の質が高い

スタディサプリなどのオンライン講座の特徴は動画講義です。

 

スタディサプリTOEICでは、関正生 先生が質の高い講義を展開。

間違いやすい問題の解説はもちろんのこと、TOEICを受ける上での心構えやコツ、問題を解く際のテクニック的な部分まで教わることができます

耳寄りな情報ばかりなのでメモ必須です。

 

いつでもどこでもスマホで勉強できる

いつでもどこでもスマホひとつでTOEIC対策ができてしまうのがスタディサプリTOEICの特徴です。

スマホアプリからTOEICの勉強をすぐにはじめることができるため、場所を縛られずスキマ時間を有効活用して学習を進めることができます

ほんの少し10分くらいの空いた時間に単語学習をやるだけでも効果的です。

 

勉強時間が記録される

スタディサプリTOEICを利用して勉強をすると、その日勉強した時間が勝手に記録されます。

この勉強時間の記録をモチベーション維持に役立てることが可能です

 

また、便利なのが勉強した項目ごとに記録を取ってくれるところ。

「英単語」や「実践問題」などで分けられているため、項目ごとの勉強量を可視化することができます。

「昨日より勉強時間を増やそう」「今日は問題演習を中心にやろう」などと1日の目標を定めやすくなります。

 

スポンサーリンク

スタディサプリTOEICは効果抜群!

 

実際にスタディサプリTOEICを利用した私が、使ってみて効果抜群だった話をします。

 

苦手だったリスニングの対策ができた

苦手だったリスニングの対策ができたのはかなり大きかったです。

 

やはり参考書に付いてくるようなCDでは物足りなく、どうしても勉強した気にならず。

CDを使うにしてもセットするのが面倒だったりして、対策が必要だと分かっていてもやる気が起こらず他の勉強を優先してしまうことがありました。

しかしスタディサプリTOEICの利用を開始してからは、その気軽さと便利さからリスニング対策しまくったのを覚えています。

また、流れる音声のスピードも速くすることできるので、慣れてきたときに挑戦してみるといいかもしれません。

 

「リスニングが苦手」という場合は、非常に効果的にリスニング対策ができるスタディサプリTOEICがおすすめです。

 

参考書を買う必要がなくなった

スタディサプリTOEICを利用してからは、他にTOEIC関係の参考書を買う必要がなくなりました

 

その前に数ある参考書の中から1冊選んで買ったのですが、買って満足してしまいCDでリスニング勉強をしたぐらいでほぼ使わず。

そもそもTOEIC関係の参考書は種類が多すぎて、選ぶのに迷ってしまいます。

そんな悩みを解決してくれたのがスタディサプリTOEICでした。

 

スタディサプリひとつで全ての対策ができてしまうので、他の参考書を買う必要はなし。

下手にたくさんの参考書を買うよりも、月額料金を払ってスタディサプリを利用した方が安く済むなんてこともあります。

強いて買い足すなら、「TOEICテスト公式問題集」ぐらいだと思います。

 

 

スタディサプリTOEICにはない本番に近い模試を経験できるのでおすすめです。

 

外出中もスマホを使って勉強

外出中でもスマホを使って気軽にTOEICの勉強をすることができました

 

特に活躍したのが電車での通学中です。

席に座ることができればまだしも、立っている状態で本を使って勉強はしづらい。

スマホなら、立っていても片手で操作しながら学習を進めることができました。

場所を気にせずスキマ時間を活用して、効率的に勉強量を増やせるのがスタディサプリTOEICの大きな特徴です

 

とにかく問題演習をたくさんこなした

スタディサプリTOEICの利用を開始してからは、とにかく問題演習をたくさんこなしました

 

やはり、TOEICの勉強で非常に大事なのは出題形式に慣れること。

いくら数多くの単語や文法を学んだとしても、それらを使って問題を解く力がないと高得点は狙えません。

特に出題形式がほぼ決まっているTOEICにおいて、その力が非常に試されます。

また、TOEICは「時間が足りない」とよく言われるほどの問題量があるため、ひとつひとつの問題にあまり時間をかけることができないのも特徴です。

 

それらを克服するには、「問題を解きまくる」という実践的なアプローチが必要不可欠

スタディサプリTOEICには大量の実践的な問題が用意されており、まさに問題を解きまくって出題形式に慣れながら、間違えた部分は見直すという手法を取っていました。

おかげでTOEICの問題の形に慣れることができ、本番でも効率的に問題を解くことができるように。

間違いなく自分の高得点に結びついた主要因です。

 

スポンサーリンク

スタディサプリTOEICまとめ

スタディサプリTOEICのメリット・デメリットや、使ってみて効果抜群だった話をしました。

「メリット・デメリットや使ってみた話を聞いてもよく分からない」という場合は、スタディサプリTOEICの7日間の無料体験で実際に利用してみてください!

タイトルとURLをコピーしました