海外サッカーを見るならプレミアリーグがおすすめである理由

スポンサーリンク

海外サッカーを見る上で、
・プレミアリーグの魅力や
・なぜプレミアリーグがおすすめなのか
を知りたい方も多いと思います。

そこで本記事では、海外サッカー好きの私がプレミアリーグの特徴や魅力を紹介しながら、「海外サッカーを見るならプレミアリーグがおすすめである理由」を解説。

あおにわ
あおにわ

他リーグへのリスペクトは前提として、私が最もハマっているプレミアリーグの良さを伝えていきます!

 

具体的には

  • プレミアリーグとは
  • プレミアリーグがおすすめな理由
  • プレミアリーグを観る方法

の順番に紹介していきます。

本記事を読むことでプレミアリーグの特徴や魅力を知ることができるため、ぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

プレミアリーグとは?

イングランドのプロサッカーリーグ

プレミアリーグとは1部のイングランドのプロサッカーリーグです。

以前の1部イングランドのサッカーリーグは「フットボールリーグ」という名称でしたが、そこから新たに「プレミアリーグ」として1992年に創設されました。

全20クラブで構成されており、ホーム・アンド・アウェー方式のリーグ戦で38試合を戦って優勝を争います。

最多優勝回数はマンチェスター・ユナイテッドの13回です。

 

欧州5大リーグの1つ

  • ラ・リーガ(スペイン)
  • セリエA(イタリア)
  • ブンデスリーガ(ドイツ)
  • フランス(リーグ・アン)

プレミアリーグは以上のリーグに並ぶ、世界的に人気の高い欧州5大リーグの1つです。

この5大リーグを中心に開催されるチャンピオンズリーグが最大の見どころであり、実質世界No. 1のクラブを決める重要な大会として位置付けられています。

チャンピオンズリーグとは、プロ野球でいう「日本シリーズ」の規模が大きいバージョンです。

2018-19シーズンのチャンピオンズリーグの決勝ではプレミアリーグに所属するクラブ同士の対戦になるなど、欧州の中でも非常に存在感のあるリーグです。

 

では、そのプレミアリーグが海外サッカーを見る上でおすすめである理由を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

海外サッカーを見るならプレミアリーグがおすすめである理由

優勝チームを予想できないリーグの競争力

まず1つ目は、優勝チームを簡単に予想できないほどリーグの競争力が高いということです。

これに関しては順を追って説明します。

莫大な放映権料が入る

プレミアリーグは世界で最も高額な放映権料を得ているサッカーリーグです。

「放映権料」とは、スポーツを放映する権利に付けられる値段のこと。

欧州5大リーグの間で放映権料(年間)の額を比べたのが以下の表です。

プレミアリーグ約4,200億円
ラ・リーガ約2,400億円
セリエA約1,500億円
ブンデスリーガ約1,700億円
リーグ・アン約1,400億円

プレミアリーグが受け取る額は年間で約4,200億円にまで上り、他リーグの額を圧倒していることがわかります。

そして、その額は放映試合数や順位に応じてプレミアリーグ内の各クラブに分配される仕組みに。このクラブに分配された放映権料を分配金と呼びます。

よってプレミアリーグ内で下位に沈むようなクラブであっても、他リーグの優勝チームより多額の分配金を受け取ることができるのです。

クラブの収入が多く良い選手や監督が集まりやすい

プレミアリーグの放映権料の多さと繋がる話で、

多額の分配金を得ることができれば、それだけ選手補強などにお金が使えるよね

ということです。

プレミアリーグ全体で得る放映権料が高額なため、プレミアリーグ最下位のクラブであっても、例えばブンデスリーガ首位のクラブより多くの分配金を得ることが可能に。

世界的なビッグスターを補強することができなくても、ビッグクラブに所属する実力者などを自チームに引き抜きやすくなっているのです。

例えば…

  • リュカ・ディーニュ(バルセロナ→エヴァートン)
  • ネウソン・セメド(バルセロナ→ウルブス)
  • アルフォンス・アレオラ(PSG→フラム[ローン移籍])

これは選手に限らず、監督にも当てはまります。

具体的には、過去にミランやレアル・マドリー、バイエルンといったビッグクラブでの監督経験があるカルロ・アンチェロッティは、現在エヴァートンの監督としてチームを指揮。

チャンピオンズリーグをはじめとした欧州の大会に出るようなクラブではないエヴァートンであっても、経験値のある名将を監督に据えることができるのです。

 

こうしてプレミアリーグ全体の競争力が上がったことで、「下位のクラブが上位のクラブに勝つ」ということが頻繁に起きるように。

よってどんな試合でも一方的な展開になることが少なく、毎試合のように熱を持って試合を観れるのです。

 

ピッチと客席が近く迫力がある

プレミアリーグの試合を観る上での醍醐味は、ピッチと客席との距離が近いことで迫力が感じられることです。

もちろん現地での生観戦も非常に興奮しますが、この迫力は画面越しに中継を観る際にも感じられます。

 

 

中継のカメラに客席が映り込むことが多く、現地で盛り上がっている観客の姿は観ているこちらにも興奮を与えてくれ、声援の大きさに驚かされることもしばしば。

特に選手がゴールを決めた後のパフォーマンスは客席に向かってすることが多いため、選手と観客が近い距離で喜びを分かち合っているシーンは見ていて非常にテンションが上がりますよ

2021年1月時点では、感染症の影響で無観客での試合が続いています。

 

日本でも試合を観やすい

日本からでも試合を観やすいのがプレミアリーグの特徴。

特に昨今はスポーツのライブ配信サービスが充実しており、月額料金を支払えば誰でも試合を観れる環境が整っています。

その中でもプレミアリーグは全試合がDAZNで独占配信されており、今のところ2022年の春頃までは全ての試合をライブ配信あるいは見逃し配信で視聴できます。

 

 

キックオフは日本時間で夜から明け方になることが多く、ライブ視聴するのが難しいこともありますが、見逃し配信では終わった試合を期間内であればフルで見返すことが可能ですよ。

スポンサーリンク

迷ったらプレミアリーグの試合を観てみよう

本記事ではプレミアリーグがおすすめである理由について解説しました。

  • 優勝チームを予想できないリーグの競争力
  • ピッチと客席が近く迫力がある
  • 日本でも試合を観やすい

以上が、他のリーグと比べてプレミアリーグを観るのがおすすめな理由です。

海外サッカーで何を観るか迷ったら、まずはプレミアリーグの試合を観てみましょう!

タイトルとURLをコピーしました