映画『ナイトクローラー』は面白い?あらすじ・視聴した感想まとめ【ネタバレあり】

映画・アニメ
© 2013 BOLD FILMS PRODUCTIONS, LLC.
スポンサーリンク

 

映画『ナイトクローラー』は面白いの?

 

このような疑問を解決します。

 

過激な映像を求めてカメラを回すパパラッチ(ナイトクローラー)を描いた本作品ですが、人間の狂気さが感じられる非常に緊迫感のある作品でした。

物語が進むにつれて狂気さが増す主人公の姿には要注目です。

 

第87回アカデミー賞脚本賞にノミネートされた作品でもあり、脚本家として『ボーン・レガシー』などを手掛けたダン・ギルロイが初めての監督を務めました。

 

映画『ナイトクローラー』はU-NEXTで視聴することができます。

 

 

スポンサーリンク

映画『ナイトクローラー』のあらすじ

映画『ナイトクローラー』予告編

 

ルイス・ブルーム(ジェイク・ギレンホール)は無職だった。

定職にありつけず困っていたある日、事故現場で「ナイトクローラー」と呼ばれる報道パパラッチの姿を目にする。

犯罪や事故の現場に急行し、その場所で撮影した過激な映像をテレビ局に売ることが目的の彼ら。

そんなナイトクローラーの姿に影響を受け、ルイスもカメラを手に入れてその世界に入っていく。

ひとたびカメラを持つとその才能を開花させ始めたルイスは、さらに過激な映像を求めるようになっていく…

 

スポンサーリンク

映画『ナイトクローラー』を視聴した感想

 

映画『ナイトクローラー』を視聴した感想を書いていきます。

 

他人の不幸が仕事であるパパラッチ

本来「仕事」というのは、それをすることで誰かのためになること。

そういった意味では、パパラッチもその映像を欲している人にとっては十分に役立っていると考えられます。

しかし、提供しているものの対象が「他人の不幸」であり、ある種逆説的にも思えることが起こっているような…

そうは言っても、医者だって車の整備士だって他人の不幸の上に成り立っている仕事だと考えられますし、突き詰めれば大体の仕事はそうなのかもしれません。

 

ですが、ここまで直接的に他人の不幸を求めているような仕事は他にないです。

作品中では、主役のジェイク・ギレンホールを中心にそういったナイトクローラーの姿が映し出されており、彼らが事故・事件現場に群がる光景には人間味さえ感じました。

野次馬やじうま」という言葉が存在するように、人間は心の奥底に狂気的なものを秘めているのかもしれません。

それが形となり仕事となったのが本作品の主人公であり、極めて自然なことを描いているのが「ナイトクローラー」という映画であると考えられます。

 

心拍数が上がるほどのハラハラ感

映画のテーマがパパラッチということで、かなり緊迫したシーンがあったのも特徴です。

 

富裕層の一家が強盗犯によって殺害されてしまった邸宅に忍び込むシーン。

ナイトクローラーとしてヤバイ事件現場を独占している高揚感が大き過ぎて、カメラに次々と映っていく死体への恐怖感が薄れていくのを感じました。

仕事をする者としてはプロだが、ひとりの人間としてはかなり常軌を逸した行動であるとも考えられます。

 

そして最もハラハラしたのが、強盗犯の逮捕すらもネタにしようとわざと泳がしていたシーン。

大きな獲物を狙ってシャッターチャンスを待ち構えている時のルイス(ジェイク・ギレンホール)の目には狂気を感じられずにはいられません。

そのあとに繰り広げられるナイトクローラーとしての執念も見えた激しいカーチェイス。

危険もかえりみずに目の前の車を追う姿にはかなりの緊迫感を感じました

 

”一石二鳥の奇行”に感じる狂気さ

本作品を視聴して、おそらく最も狂気を感じたシーンは同業者と相棒をハメた場面。これすらもルイスにとってのネタになってしまうのだから、本当に怖いものです。

そして、これがまさに一石二鳥。

  • 同業者潰し→「ライバル減る」&「ネタになる」
  • 相棒潰し→「弱みがなくなる」&「ネタになる」

 

ルイスは、ライバルに手を組むことを提案されるも断固拒否。しかし、次の現場で特ダネを先取りされてしまいました。

まさかとは思いましたが、チームの規模で勝てないと判断したルイスはライバルの車に何か仕掛けをし、事故を誘発。ライバルも消して撮影ネタも手に入れるという悪魔っぷりを見せました。

 

しかし、それだけに止まらなかったのがルイスの本当の狂気さ。

自分の弱みを握り、巧みな交渉術も会得えとくした相棒すらも見捨てることに。

警察の前では堂々と嘘をついていましたが、自分の事業の繁栄のためならどんな奇行でもやってのけるルイスを見ると、ラストシーンで登場した新たな部下たちを心配せずにはいられません。

 

スポンサーリンク

ジェイク・ギレンホール出演のおすすめ映画

 

本記事で紹介した『ナイトクローラー』の主人公ルイス・ブルームを演じたジェイク・ギレンホール出演のおすすめ映画を紹介します。

 

『ミッション:8ミニッツ』

 

『ミッション:8ミニッツ』は、ジェイク・ギレンホール演じる主人公が死者の記憶に入り込み、8分間であるミッションに挑むループサスペンス作品。

ループ作品としての内容も完成度が高く、物語のオチにも非常に注目の映画です。

 

 

『プリズナーズ』

 

『プリズナーズ』は、ジェイク・ギレンホール演じる刑事とヒュー・ジャックマン演じる失踪した少女の父親が、少女失踪事件の犯人を追うクライム・サスペンス作品です。

両主演の高い演技力や、目を離すことのできないストーリー展開に要注目!

 

 

タイトルとURLをコピーしました