【レビュー】Kindle Paperwhiteで読書習慣を身につけよう!使い勝手やメリット・デメリットを解説

その他
スポンサーリンク

 

  • 「Kindle Paperwhite」の使い勝手はどんな感じ?
  • どんなメリット・デメリットがあるの?

 

これらの悩みを解決します。

 

「Kindle Paperwhite」とは、電子書籍を読むための専用端末です。

この端末でできることは読書のみ

しかし、使い勝手が超良いんです!

 

こんな人におすすめ!
  • 読書習慣が身につかなくて困っている
  • 今の読書方法をより良くしたい

 

私自身、この「Kindle Paperwhite」を利用して読書をするようになってから、読書量が増え、読書中の集中力も上がるようになりました

あなたの「読書」も変えてくれる素晴らしいものになるはずです。

 

 

>>Kindle PaperwhiteをAmazonで探してみる

 

Kindle Paperwhiteのメリット・デメリットや、使い勝手などをレビューします。

 

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteってなに?

「Kindle Paperwhite」とは、電子書籍を読むための専用端末です。 

iPadをはじめとしたタブレット端末に近いものですが、Kindle Paperwhiteでできることは本を読むことのみ

読書専用のタブレット端末」と考えてもらえればいいと思います。

 

Kindle Paperwhiteの大きさ

  • 縦:167mm
  • 横:116mm
  • 厚さ:8.18mm

 

 

左が「iPhone XS」で、右が「Kindle Paperwhite」です。

タブレットにしては大きいわけではないですが、とはいえスマホのような片手操作は少し困難なほど。

大きすぎず小さすぎでもないため、個人的にはちょうど良いです。

 

Kindle Paperwhiteのオプション

Kindle Paperwhiteを購入する際、選べるオプションが3つあり、選び方によって値段が変わってきます。

 

オプション
  • サイズ:「8GB」 or 「32GB」
  • モデル:「広告あり」 or 「広告なし」
  • 接続方法:「Wi-Fiのみ」 or 「Wi-Fi+無料4G」

 

ちなみに、一番安くなる組み合わせは「8GB」「広告あり」「Wi-Fi」です。

 

 

サイズ:8GB or 32GB

「サイズ」は、本を保存しておける容量のことです。

 

「8GB」か「32GB」かを選ぶ際に基準にしたいのが、漫画を読むかどうか

  • 漫画を読む→「32GB」
  • 漫画を読まない→「8GB」

 

漫画は容量を圧迫してしまうので、以上の基準で選ぶことをオススメします。

 

モデル:広告あり or 広告なし

モデル」は、ロック画面やホーム画面の下部などに広告が表示されるかどうかで、「広告なし」を選択するとそれらは表示されません。

 

  • 多少値段が上がっても広告がない方が良い→「広告なし」
  • できるだけ安い方が良いし、広告があっても問題ない→「広告あり」

 

接続方法:Wi-Fiのみ or Wi-Fi+4G

接続方法」は、本のダウンロードがインターネット環境がない場所でもできるかどうかを選ぶ項目です。

自宅にWi-Fi環境がある場合は、あらかじめ自宅で本をKindle Paperwhiteにダウンロードしておけば、Wi-Fiがない出先でも本を読むことが可能。

「Wi-Fi+無料4G」であれば、そのような出先でも4G回線を利用して本をダウンロードすることができます。

 

自宅にWi-Fi環境があるなら、「Wi-Fiのみ」で問題ないです。

 

>>Kindle PaperwhiteをAmazonで探してみる

 

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteのデメリット

 

Kindle Paperwhiteのデメリットだと感じた部分を挙げていきます。

 

  1. 充電が必要
  2. 画面が白黒
  3. ページめくりのスピード
  4. 全ての本があるわけではない

 

充電が必要

電子機器なので、充電が必要です。

残量を気にせず使っていると、気付いたら「充電がほとんどない…」なんてことも。

 

しかし、充電持ちがかなり良いのがKindle Paperwhiteの特徴でもあります。

一度の充電で数週間利用することが可能

こまめに充電する必要はありません。

 

画面が白黒

画面が白黒で色味がないため、雑誌などを読むのには相性が悪いです。

 

しかし、小説やビジネス書をはじめとした文が中心の書籍や、元々白黒で描かれている漫画などを読む際は全く問題ありません。

 

ページめくりのスピード

一般的なスマホなどと比べると少し感度が悪い気がして、ページめくりのスピードが気になる場合もあるかもしれません。

 

実は私も心配していた部分だったのですが、使ってみると意外と気にならなかったりします。

スマホだと感度が良すぎて逆に落ち着かなかったので、結果的には何の問題もありませんでした。

 

全ての本があるわけではない

自分の読みたい本が全てKindle版で用意されているとは限りません

 

単行本のみの書籍も少なからず存在するので、注意が必要です。

事前にチェックしておくと良いかもしれません。

 

>>Kindle PaperwhiteをAmazonで探してみる

 

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteのメリット

 

Kindle Paperwhiteのメリットを挙げていきます。

 

  1. 軽くて持ちやすい
  2. 目に優しい
  3. 本が場所を取らない
  4. 買ってすぐ読める
  5. すぐにメモを残せる
  6. 少し安く本を買える

 

軽くて持ちやすい

Kindle Paperwhiteは軽くて持ちやすいのが最大の特徴!

スマホよりは大きくタブレットより小さい絶妙なサイズ感で、重さは「スマホより若干重いかな」ぐらい。

片手で端末を持ちながら、もう片方の手の指で操作する感じです。

 

とにかくサイズの割に軽いので、持っている方の手や腕が疲れることはありません

また、防水機能を搭載!

 

  • 通勤・通学の電車内で立ちながら読書
  • お風呂に入りながら読書

 

以上が可能になることもあり、読書しやすい場所の幅が広がるのが嬉しいポイントです。

 

目に優しい

Kindle Paperwhiteはディスプレイにフロントライト方式を用いているため、目に優しく、長時間の読書でも疲れにくくなっています

 

「フロントライト方式」とは、ディスプレイの光源が反射光を利用した方式であるもの。

 

簡単に言えば、紙の本を読むのと同じ感覚です。

 

本が場所を取らない

電子書籍なので、Kindle Paperwhiteひとつで非常にたくさんの本を読むことができます。

 

そのため、本が部屋の場所をとることがない!

わざわざ本棚を買ったりする必要もなくなります。

 

買ってすぐ読める

インターネット環境で電子書籍を購入するので、買ってダウンロードした瞬間から好きな本を読むことができます

 

本屋に出かけたり、オンラインショッピングで買った本の配達を待つ必要もなし!

「欲しい!」「読みたい!」と思ったときに、そのチャンスを逃すことがなくなります。

 

すぐにメモを残せる

Kindle Paperwhiteなら、読書中に「重要だな」と感じた部分にすぐにマーカーを引けたり、メモを残すことが可能です

また、間違ったとこをマークしてしまってもすぐに消すこともできます。

 

紙の本に直接書き込むことへの抵抗や、付箋などを別に用意しておくのが面倒だと感じる場合もあるかと思うので、非常に便利です。

 

少し安く本を買える

Kindle版(電子書籍)は単行本に比べて少し安く本を買うことができます

 

 

例えば単行本だと1,650円する本が、Kindle版だと1,250円と400円も安く買うことができる!

この相場で考えると、単行本だと3冊しか買えない額でKindle版なら1冊多い4冊の本が買えてしまいます。

 

>>Kindle PaperwhiteをAmazonで探してみる

 

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteの使い勝手が良すぎる!

 

紙の書籍から電子書籍を読むために購入したKindle Paperwhiteですが、はっきり言って使い勝手が良すぎです!

読書習慣がマジで変わります。

 

読書量が増えた

Kindle Paperwhiteで本を読むようになって、シンプルに読書量が増えました

 

まず、本の購入から読み始めるまでの時間がほとんどかからないこと。

Amazonで気になる本を見つけ、「読みたい!」と思った瞬間に購入でき、ダウンロードしてすぐにKindle Paperwhiteで読み始めることができます。

 

また、場所を選ばずに読書がしやすくなりました。

特にお風呂での読書ができるようになったのが私にとって大きかったです。

防水なのでそのまま持ち込むことができ、濡れた手で触っても平気!

お風呂に入りつつ有益に時間を使うことができるので、非常にオススメです。

 

読書に集中できる

Kindle Paperwhiteでは本を読むことしかできないのですが、それが逆に良い効果をもたらします。

読書以外にできることがないので、読書だけに集中することが可能です。

 

私は前までスマホのKindleアプリで読書をすることがあったのですが、スマホには各種SNSやYouTubeなどのアプリも入っているため、そっちに気を取られてしまうことが。

また、他アプリの通知がくると注意散漫になってしまって、読書に集中できないことがあります。

 

Kindle Paperwhiteで集中力を維持し、効果的な読書を心がけましょう!

 

>>Kindle PaperwhiteをAmazonで探してみる

 

スポンサーリンク

Kindle Paperwhiteまとめ

Kindle Paperwhiteのメリット・デメリットや、使い勝手を中心にレビューしました。

あなたの読書習慣がマジで変わります。

 

  • 「読書をしたくてもあまりできてない」
  • 「今の読書方法に不満がある」

このような場合は、Kindle Paperwhiteによる読書を強くおすすめします!

 

 

>>Kindle PaperwhiteをAmazonで探してみる

 

タイトルとURLをコピーしました