海外サッカー観戦が趣味になって人生が少し楽しくなった話

お話
スポンサーリンク

 

私が海外サッカー観戦にどハマりしてから、3年以上が経過。それまで趣味らしい趣味が映画鑑賞ぐらいしかありませんでした。

しかし、当時「スポーツナビ」というスポーツのライブ配信サービスがあるのを知った私は、試しに海外サッカー観戦を始めてみることに。

すると、気付いた頃には海外サッカー観戦に夢中になっていました。

 

あおにわ
あおにわ

時には寝る間も惜しんで観戦を続け、日常生活に支障をきたすことも少なからずあったのも事実です…

 

のちに、今ではよく知られている「DAZN」というスポーツライブ配信サービスも登場。

 

海外サッカー観戦にどっぷり浸かり始めた私の人生は、新しく夢中になれる趣味を見つけたことで少し好転した気がします。

 

本記事では「海外サッカー観戦が趣味になって何が良かったのか」について書いていきます。

 

スポンサーリンク

海外サッカー観戦が趣味になって悪かったこと

 

  • 引きこもり気味になりそう…
  • 海外の時間に合わせて観戦してたら、生活習慣がおかしくなるのでは?

 

こんな疑問の声が聞こえてきそうです。

 

まさにその通り!!

 

今の私はまさにこのような感じです。

友達との約束を断ってでもサッカー観戦を優先したり、夜通しでサッカーを観続けることも少なくありません。

 

しかし、ちゃんとした対処法もあるんですよ!

私もこの対処法を使うことで、無理なく好きな海外サッカー観戦を続けています。

以下で詳しく解説していきます。

 

無理なく海外サッカー観戦を続ける方法

見逃し配信」と「ダウンロード機能」を活用します。

 

見逃し配信とは、ライブ配信が終了した試合でも一定期間のうちは再度視聴し直すことができる機能です。

見逃し配信で好きな時間に見直すことで、生活習慣が乱れることを防ぐことができます。

 

もう1つのダウンロード機能とは、見逃し配信で視聴できる試合を自宅などのWi-Fiがある環境で事前にダウンロードしておけば、通信料を気にせず好きな場所でサッカー観戦をすることができる機能です。

通勤や通学で利用する電車内など、隙間時間を活用してサッカー観戦を楽しむことができます。

 

以上2つの機能は、どちらもDAZNに備わっています。

 

 

スポンサーリンク

海外サッカー観戦が趣味になって良かったこと

 

 

結果が分からないワクワク感を楽しめる

当たり前ですが、サッカーはスポーツですので試合が終わる頃には勝敗がつきます。

サッカーに限らず、スポーツ観戦において最も観ている人をワクワクさせる要因の一つは、これからどのようにその試合が変化し、どんな結果になるか誰にも分からないということです。

 

比較対象として、ここでは「映画」を挙げます。

映画も人々が観ることで楽しむエンターテイメントの一つです。その経過を楽しみながら約2時間後に待つ「結果」に一喜一憂します。

しかし、その「結果」は誰にも分からないものではありません

変な話をすると、その映画制作に携わった人やその映画を既に視聴した人は「結果」をあなたより先に知っていることになります。

だからと言って、「映画がつまらなくなる」とか「観る気がなくなる」といったことって別に起こらないですよね。実際に、私も映画鑑賞は大好きです。

ここで言いたいのは、「結果が誰にも分からない」ということがサッカー観戦、スポーツ観戦において映画には決してない魅力の一つであるということです。

だからこそ、本当に誰も予想していなかったような出来事が試合終盤で起こったりして、観てる人を驚嘆させたり感動させるものだと思っています。

 

本当の意味でこの先どうなるのか誰にも分からないことが、ライブでサッカーを観る人のワクワク感を掻き立てる要因であり、魅力なのです。

 

英語や地理に詳しくなる

本格的に海外サッカーにのめり込み始めてから、私は自分からそれらに関する情報収集を始めるようになりました。

その過程で英語で書かれた記事に引っかかったり、クラブの本拠地やそのクラブが所属するリーグの国などから地理を把握するように

 

英語の記事に関しては、知らない単語や表現を調べながら読み進めることで、英語とサッカーに関する情報を一気にインプットすることができ、一石二鳥で効果を得ることができます。

また、動画などで監督のプレスカンファレンス(試合前日などに記者陣の前で行う会見のこと)を視聴することでリスニングの練習をすることもできます。

 

海外サッカーの情報収集しながら英語学習できる!?【オススメ】

 

これに加え、私は自発的に英語の勉強も始めました。

あおにわ
あおにわ

いつかまた、現地を訪れた時のために…

そういったモチベーションも与えてくれるものとなっています。

 

地理に関しても、私は海外サッカーにハマる前までヨーロッパにある国でしっかり場所と国の形を覚えていたのはイギリスとイタリアぐらいでした(多分これは私が酷すぎるだけかと思いますが…)。

しかし、今はクラブ名やそのクラブが所属するリーグの国から地名を覚えたり、自分の応援するチェルシーが遠征する場合はその距離や所要時間を調べたりするうちに、国や地域同士の位置関係を覚えるようになりました。

 

もちろん海外サッカーに熱中すればするだけ、この辺はもっと詳しくなります。

 

日本で記事が取り扱われると、

英語の記事で読んだから既にその情報知ってるわ

なんてことがあったり、

他にも、ヨーロッパの地理に詳しくなったところで、

そろそろ現地に行って試合観戦や観光してみたいな…

と考え始めるかもしれません。

 

私が実際にそうだったように、海外サッカーに熱中し始め、人生において新たな経験をする契機が生まれる可能性もあります

そういった意味でも、かなり魅力的な趣味です。

 

基本的にお金がかからない

ここは結構リアルな話になります。

海外のサッカーということで、日本に住んでる以上そんな頻繁にスタジアムに足を運ぶことはできないため、画面の前で観戦する選択肢しかなくなります。

そうなると、かかるお金はDAZNのような動画配信サービスを利用する月額の費用だけ

 

DAZNなら月額2,000円もかかりません。実際、コスパ良すぎです。

 

もちろん、Jリーグに所属するクラブのような、それなりにスタジアムにも足を運べて間近で選手を応援できるチームに熱中するのは素晴らしい趣味ですし、それだけ愛着のようなものも湧きやすいはず。

しかし、毎週のように応援しに行くとなるとチケット代交通費がどうしてもかさんでしまいます。

応援したいという熱烈な感情に自分のお財布事情が追いついていかないのは悲しいですよね…

 

そういった意味で、海外サッカー観戦は出来るだけ少ない費用で効用を最大化できる素晴らしい趣味だと思います。

 

他趣味への派生

これは実際に私がそうだったのですが、海外サッカーをよく観るようになってから他の趣味も同時に増えました。

 

まず、読書です。

私は部活や習い事などでサッカーを真剣にやっていたわけではなく、世間的に言われる未経験者でした。

なので、一般的なサッカーの戦術など全くもって知らず、ただ目の前で起きたワンプレーワンプレーに興奮しているだけでした。

まあそのままでも十分に楽しめていたのですが、

サッカーをもっと戦術的に観たい!

と思うようになり、そこから個人的に気になったサッカーに関する本をよく読むように。

そうしている間に読書自体が習慣化し、手に取って読む本の種類がサッカーに限らなくなりました。

それまで読書が苦手だった私も、気づいたらAmazonの購入履歴が本だらけになるまで本が好きになっていました。

 

そしてもう一つはフットサルです。

やはりずっとサッカーを観ていると、どうしても自分でやりたくなる衝動に駆られてしまいます。

高校生の途中で部活を辞めてしまってからほとんど運動らしい運動をしてこなかった私ですが、今では月に4,5回はフットサルで汗を流すようになりました

 

先ほどもお話ししたように私はサッカー未経験ですが、プロの選手のプレーを見よう見まねで初心者なりに楽しんでいます。

 

ちなみに、自分でボールを触るようになってから改めてサッカーの難しさを実感したと共に、海外の選手のボールの蹴り方など、技術的な面にも注目してサッカーを観るようになりました。

 

このように読書運動といった、一般的に良い習慣と言われるものも身に付けることに私は成功しました。

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

 

海外サッカー観戦を趣味にすることは、意外と良いことづくめであることがお分りいただけたかと思います。

もちろん、最初からサッカーにほとんど興味がない人に無理にオススメすることはできませんが、少しでも興味がある人には是非オススメしたいと思います!

既に海外サッカー観戦が趣味である方は、他にも意外な効用があることを認識していただき、周りにまだ海外サッカーにハマりきれていない人がいたら、その魅力を全力で伝えてみてください。

もしかしたら、あなたにとっての新しい観戦友達が増えるかもしれません。

 

今回はこの辺で終わりにします。

皆さんも、海外サッカー観戦によって人生を豊かにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました