【体験談】海外サッカーを現地観戦してみた感想【チェルシー:スタンフォード・ブリッジ】

お話
スポンサーリンク

 

海外サッカーを現地観戦してみたいけど、実際どうなの?

 

海外サッカーにハマっている人なら「一度は現地観戦してみたい!」と思うことがあるかもしれません。この私も海外サッカーの試合を観るようになり、現地観戦への憧れを抱いていました。

そしてその機会が訪れ、チケットを取りイギリスのロンドンで「チェルシーvsエヴァートン」の試合を生で観戦しました。

やはり今でも思うのは、初の現地観戦は忘れられない思い出となっているということ。

現地でしか味わえない雰囲気、熱気、声援などなど、海外サッカー好きなら人生で一度は経験した方が良いと強く感じました。

本記事では、実際に海外サッカーを現地観戦した私がその時の感想を書いていきます。あなたも現地観戦したくなること間違いなしです!

 

スポンサーリンク

【体験談】海外サッカーを現地観戦してみた感想

実際に海外サッカーの現地観戦を経験し、感じたことを書いていきます。

日常に溶け込むサッカー観戦

私が訪れたのは、ロンドンを本拠地としているチェルシーのホームスタジアム「スタンフォード・ブリッジ」です。事前にチケットを取れていたので、そのスタジアムから徒歩20分弱のところに宿を取りました。

最初に宿に向かっているときに強く感じたのは、「本当にこんなところにあの大きなスタジアムがあるのか?」ということでした。というのも、取った宿の近辺は普通の住宅街で、割とひっそりとしていたからです。もちろん少し歩けば大通りはあったのですが、近くにスタジアムがあるような雰囲気ではなかったのをしっかりと覚えています。

試合当日、スタジアムに向かって住宅街の中を歩いていると、チェルシーのユニフォームを着た親子連れの現地の人たちがゾロゾロと現れはじめました。その光景を目にしたときに強く感じたのは、現地の人にとってのサッカー観戦は”日常”であり、何も特別感がないということ。

私自身が日本でサッカー観戦をあまりしたことがないことも関係していると思いますが、あのような住宅街を抜けてすぐにスタジアムが現れるような体験は、非常に不思議なものでした。

 

客席とピッチの近さ

スタジアムに到着し、席に座ってみると、

「ピッチが超近い!」

 

サッカーの専用スタジアムということもあって、やはり客席とピッチの距離が非常に近いです。特に、プレミアリーグに属するチームのスタジアムは世界的にみても距離が近い傾向があり、その部分が大きな魅力となっています。

 

この日得点を決めたモラタです

ピッチとの距離が近いということは、プレーする選手との距離も近いということ。ゴールを決めた時の選手のセレブレーションも目の前で見ることができ、超興奮しました。

選手たちの声、ボールを蹴る音などもはっきり聞こえ、この距離でしか味わえない体験もすることができました。

初めての現地観戦でこの距離で試合を観れたのは、超運が良かったとしか言いようがありません。

 

楽しすぎてあっという間の時間

試合の内容などは、目の前のワンプレーワンプレーに興奮しすぎてあまり覚えていないというのが本音です。それよりも、スタジアムにいるサポーターと一体となってチームを応援すること、ピッチ内のプレーに興奮することに自然と夢中になり、それが現地観戦の最高の良さであると感じました。

時間の流れ方は本当に一瞬で、気付いたら試合終了のホイッスル。「終わってしまった」という寂しさはありましたが、私はそれに勝る試合終了後の余韻に浸っていました。

スタジアムからの帰り道は思った通り騒々しく、興奮冷めやらぬ様子で歩いているサポーターたちを目にしました。おそらくあの流れで帰りにパブなどに寄って、今日の試合に関してみんなと話したりするのが至高なのだと思います。

 

スポンサーリンク

結論:現地観戦は最高

結論、現地観戦は最高でした。

海外サッカーが大好きなら、ぜひ一度は足を運んで生で観戦してほしいです。テレビの前では決して味わえない興奮、雰囲気、熱気、声援を体験することができます。

現地での観戦を経験し、もっともっと海外サッカーを好きになりましょう!

タイトルとURLをコピーしました