東南アジア旅行でsimカード変えるなら「sim2fly」がオススメ

トラベル
スポンサーリンク

 

こんにちは、あおにわです。

 

東南アジア旅行するのにスマホのsimカードを入れ替えたいけど、何が良いのか分からない。

 

このような疑問を解決します。

 

私も東南アジア旅行でスマホを使えるようにするにあたり、使っているiPhoneのsimカードの入れ替えを選択しました。

そのとき見つけたのが、本記事で紹介する「sim2fly」というsimカード。

実際に東南アジアで使用しましたが、これが超便利!

 

  • 値段が安い!
  • 通信スピードが速い!
  • 設定が簡単!

 

東南アジア旅行でsimカード変えるなら、「sim2fly」がオススメです。

 

本記事では「東南アジア旅行でsimカード変えるなら「sim2fly」がオススメ」について書いていきます。

 

 

スポンサーリンク

東南アジア旅行にオススメのsimカード「sim2fly」とは

sim2fly」は、タイの通信キャリアAISが提供するプリペイドsimカードです。

プリペイドであるため、基本的に購入してしまえば他の料金は一切かからず、すぐに使用開始できます。

 

「sim2fly」の内容

値段

まず、気になるその値段。

ネット通販→ 1,300〜2,300円ぐらい

店舗→ 3500円

 

すいません、結構アバウトです。

利用するネット通販によって値段はまちまちといった感じでした。

まあでも、このぐらいでおさまれば全然安いですよね!

 

ちなみに、私は空港にある店舗で買ったのですが、そこではちょい高めの3,500円でした。

あおにわ
あおにわ

ネットで買っておくに越したことはないですね…

 

使用期間とデータ容量

使用期間は8日間

 

続いてデータ容量は4〜6GB

すいません、またまたアバウトな数字です。というのも、見るところによって結構表示がバラバラでして…

ネット通販の概要には4GBと記載されており、私が実際に購入した際に付いてきた商品説明の紙には5GBと記されていました。

そして現地でいざ使用を開始してみると、AISから届いたメッセージには6GB使用できると書いてあったり。

実際に届いたメッセージです。

まあこの感じですと、おそらく6GB使えるものと考えてもらって平気かもです。

 

実際4GBでも6GBでも、外で動画とか観ない限りはそこまで減ることはないです。

 

その他対象国

この「sim2fly」ですが、幅広い国で使うことができます。

 

対象国

日本、オーストラリア、ネパール、シンガポール、マレーシア、インド、ラオス、フィリピン、カンボジア、ミャンマー、カタール、インドネシア、台湾、香港、マカオ、韓国、スリランカ、中国、ブルネイ、ベトナム、タイ(タイでは10日間で500MB)

 

アジアを周遊する際には便利なsimカードとなっています。

 

スポンサーリンク

東南アジア旅行にオススメのsimカード「sim2fly」の買い方

「sim2fly」を手に入れる方法をご紹介します。

先ほどもチラリと書きましたが、購入可能場所は以下の2つです。

  • ネット通販
  • 空港

 

最も安価で手に入り、入手が楽なネット通販が最善でしょう。

 

 

私の場合、ギリギリまで購入するのを忘れていたら、出発日までに商品が到着するか微妙だったため、割高な空港で買うことになってしまいました…

 

では、空港で購入する際はどこで買えばいいのか。

成田空港第1ターミナル1階中央ビルにある「J Wi-Fi Mobile」という場所で購入することができます。

営業時間は7:00〜21:00です。

 

私が購入した際、「このsim2flyは日本用で販売している」と販売員の方が言っていたのですが、もちろん以上の対象国でも使えるのでご安心ください。

 

スポンサーリンク

東南アジア旅行にオススメのsimカード「sim2fly」の設定の仕方

では、実際に購入後の設定の仕方について解説していきます。

 

まず、お使いのスマホが「simロック解除」できているか確認してください。

これができていないと、simカードを差し替えても通信することができません。

 

simロック解除に関しては、以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

すいません、こちらの記事で取り扱っているのはドコモのスマホのやり方のみとなっています。

 

「sim2fly」の設定手順

  

手順① simカードを挿入

手順② スマートフォンの設定確認

→スマホの設定画面から「データ通信」と「データローミング」をON

手順③ 少し待ってSMSメッセージが届いたら設定完了

『SMSメッセージが届かない場合』

「設定」>「一般」からVPNを未接続に設定。また、不要なプロファイルがあれば、削除してみてください。

 

なんとこれだけ!超簡単ですね。

 

「sim2fly」は日本でも使用可能なため、日本で設定を完了してしまうと、そこから8日間のカウントが始まってしまうので要注意!

 

 

データ使用量の確認方法

 「*111*6#」をダイヤルし、通話ボタンを押してください。

ポップアップやメッセージで残高が表示されます。

5GB 971.9MBが残っていると記されています。

 

また、もう一つの方法として「myAIS」というアプリから確認する方法もあります。

 

アプリダウンロード後、アカウントを作る際に「Phone No.」が必要です。

sim2flyと同梱されているものから確認することができるので、捨てずに取っておきましょう。

 

スポンサーリンク

東南アジア旅行にオススメのsimカード「sim2fly」まとめ

本記事では「東南アジア旅行でsimカード変えるなら「sim2fly」がオススメ」について書きました。

安くて速くて簡単で、超オススメのsimカードです。

現地のスマホ接続に悩むことなし!

あなたの快適な東南アジア旅行をサポートしてくれますよ。

 

タイトルとURLをコピーしました