【AirPods Pro レビュー】音質とか詳しくない私が購入した理由

その他
スポンサーリンク

 

  • AirPods Proはどんな感じ?
  • 買う価値はある?

 

これらの疑問を解決します。

 

音質とか特に詳しくない私が、およそ3万円もする「AirPods Pro」を買うのはかなり勇気が必要でした。

ですが、結果的に購入して大正解

「これ!」というイヤホンが今までなかった私にとって、これから愛用していけるものを手に入れることができたのは最高でした。

 

こんな人におすすめ
  • iPhoneを使っている
  • 圧倒的な遮音性を求めている

 

iPhoneとの相性はもちろん抜群!

ノイズキャンセリングによる圧倒的な遮音性で、自分だけの世界に入り込むことができます

 

本記事では、AirPods Proのレビューをしていきます。

 

 

スポンサーリンク

AirPods Pro購入に踏み切った理由

 

音質に詳しくない私が、3万円するAirPods Proを購入した理由を解説します。

 

Apple製品への安心感

個人的にApple製品には絶大な信頼を置いています

 

  • スマホ→iPhone XS
  • パソコン→MacBook Air
  • タブレット→iPad
  • イヤホン→AirPods Pro(New!)

 

私のような面倒くさがり屋にとって、数多くの種類があるイヤホンの中から1つを選ぶのはかなりの苦行。

これまでも「コスパ」を重視して、様々なイヤホンを購入しては試してきました。

しかし、しっかり充電されなかったり、スマホとうまく接続できなかったり、単純に使いづらかったりと、「愛用」できるものには出会えず。

最終的に、一周まわって「EarPods」に落ち着くということを繰り返していました。

 

その経験から、「そろそろイヤホン選びに失敗したくない」という感情が湧き、値段は高いけど品質は間違いないであろうApple製品である「AirPods Proを選ぶことにしました。

 

ノイズキャンセリング

私がイヤホン選びをする際に重視するのが、遮音性が高いかどうか。

その観点から、AirPods Proのノイズキャンセリング機能がかなり魅力的でした。

 

それまで使っていたEarPodsは使いやすいものの、耳にフィットする感触がなければ遮音性も低く、自分の周りの騒音にイヤホンの音がかき消されてしまいます。

また、「AirPods」も装着部分がEarPodsと似ているため購入を断念しました。

 

イヤホンで音楽を聴くときは外音を取り込まずに音楽の世界に入り込みたいと考える私にとって、ノイズキャンセリング機能を備えたAirPods Proは神のような存在。

話題にもなっていた高すぎるくらいの遮音性が、AirPods Pro購入の大きな決め手になりました。

 

完全ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスイヤホンであることも大きな要因でした。

コンパクトで扱いやすいのが特徴ですが、失くしやすいというリスクもあります。

 

私は過去に違う完全ワイヤレスイヤホンを使っている時期があったのですが、見事に片耳だけ失くすという失敗をしました。

その経験から、紐で繋がっているネックバンド型のワイヤレスイヤホンを使うようにしていたのですが、完全ワイヤレスに比べるとまあ使いづらい。

 

 

その日着ている服との相性が悪いとネックバンドの位置は定まらないし、バッグなどにもしまいづらい作りで扱いにくかった。

元々ネックバンド型のデザインもそんな好きではなかったのですが、「失くすよりはいいか」と思って使っていました。

 

しかし、やはり着用していて自分の気分が上がるものを使いたいし、コンパクトで使いやすい完全ワイヤレスイヤホンが欲しいと思うように。

様々な経験を経て、たどり着いた自分の答えです。

 

改良されたデザイン

AirPodsからデザインが改良されたのも決め手になりました

 

具体的には、”うどん”と言われている部分の長さです。

 

  • AirPods→40.5mm
  • AirPods Pro→30.9mm

 

前作のAirPodsに比べて約1cmも短くなっています

いくらApple製品と言えど、AirPodsのうどんの長さは気になっていました。

イヤホンは装着してるときのカッコ良さも気にしたい部分なので、AirPods Proでの改良は嬉しいポイントです。

 

 

スポンサーリンク

AirPods Proを使ってみた感想

 

AirPods Proを実際に使ってみた感想をまとめます。

 

本体から音量調節ができない

AirPods Pro本体から音量調節できないのは少し残念でした。

 

AirPods Proは、うどん部分をつまむことで操作することができます。

  • 1回つまむ→「停止/再生」
  • 2回連続→「次の曲へ」
  • 3回連続→「前の曲へ」

 

音量調節ができるのは、繋いでいるスマホなどのデバイスからのみ。

満員電車など、直接スマホを触りづらい場面では不便に感じるかもしれません。

 

慣れるまで耳が痛い

AirPods Proを手に入れた初日は嬉しくて家でずっと着けていたのですが、慣れていないため耳が痛くなりました

 

もしかすると、これに関しては個人差があるかもしれません。

それまで、本体を耳にひっかける感じのイヤーチップのないEarPodsを使っていたので、イヤーチップがあるタイプのAirPods Proで痛くなったものだと思います。

 

今となってはもう慣れましたが、人によっては慣れておらず耳に痛みを感じるかもしれません。

 

接続が簡単

ケースからAirPods Proを出すだけですぐにスマホと繋がるので、接続がめちゃくちゃ楽です。

 

今まで使っていたワイヤレスイヤホンは、ボタンの長押しなどでイヤホンを起動させる必要があったので、スマホと接続させるまでが面倒でした。

逆に、接続を切るときも電源ボタンを長押ししなければなりません。

 

しかし、AirPods Proなら両耳から外しただけで接続が切られ、片方でも装着すると勝手にまた接続してくれるという便利さ。

同じApple製品であるiPhoneとの相性が抜群なのが大きな特徴です!

 

ノイズキャンセリングが最高すぎる

AirPods Proの大注目ポイントは、なんと言っても「ノイズキャンセリング」でしょう。

初めて使ったときはマジでビビりました。

外音を80%ぐらいシャットアウトしてくれる感覚です。

 

まず、AirPods Proが自宅に届いた日が雨だったのですが、装着してノイズキャンセリングのモードにすると、外の雨音が完全に消失。

その後、AirPods Proを装着したままトイレに行って水を流してみても、微妙に音が聞こえるぐらいで耳元で流れている音楽を聴くのに全く支障なし。

自宅の近くでやっていた工事の騒音も、ノイズキャンセリングにすれば窓を開けていても聞こえないという恐ろしいぐらいの遮音性でした。

音楽、ラジオ、映画やドラマといった動画などにとことん集中したい場合にすごく嬉しい機能です

 

いや、本当にすごいですね。

ノイズキャンセリングにした瞬間に「ファッ」と急に別世界にいく感覚を味わいます

AirPods Pro — Snap

 

上の動画はAirPods ProのCMなのでかなりユーモアに溢れていますが、本当にこんな感じです。

遮音性を重視している人には、自信を持ってAirPods Proをおすすめします!

 

外部音取り込みが便利

ノイズキャンセリングと同時に備わっているのが「外部音取り込み機能」です。

 

AirPods Proは完全ワイヤレスイヤホンなので、一度でも外すのはかなり面倒。

手で持っておかなければならないし、失くすリスクも高まります。

しかし、外部音取り込みに切り替えれば、イヤホンを外さなくても人と会話をすることが可能です。

お店のレジで人とやりとりをする際も、わざわざイヤホンを外す必要がありません。

 

日常の中でも非常に実用性が高いのもAirPods Proの大きな特徴です

 

スポンサーリンク

AirPods Proレビューまとめ

AirPods Proをレビューしました。

イヤホンに3万円は正直高いと思いますが、私は買って良かったと心から思っています。

使い勝手抜群でノイズキャンセリングも備えたAirPods Proは、間違いなく愛用していけるイヤホンです!

 

タイトルとURLをコピーしました